施工地域の都道府県を右から選択して下さい。

お気に入りに追加♪

建ナビネット
  初めにお読み下さい
  最新情報
全国版
  住宅見学会情報
  地元工務店の施工例
完全無料ユーザー登録
もしもの時のお見舞金
  ユーザー登録
  登録情報の確認・更新
  トラブル発生報告
どんな家にしようか?
どんな住宅があるの?
住宅の基礎知識。
  どんな住宅があるの?
  住宅内観スタイル
  住宅の工法と構造
  欠陥住宅について知る
  大切な住宅保証機構
  新築住宅のお金を知る
  各坪数ごとのプラン例
注文住宅の家づくりの
初めから〜終わりまで
  注文住宅スケジュール
  土地探しから始める方
  住宅会社の選び方
  住宅会社とコンタクト
  申込みから契約前まで
  契約から着工前まで
  着工からお引渡し
  住宅完成後の問題
 家づくりの参考に!
  家づくりの参考に!
  家づくりの基本Q&A
  住宅ローンについて
  家づくりの家相と風水
  家づくりのための書籍
  間取り作成ソフト紹介
  家づくり経験者の声
  家づくり関連リンク
住宅設備機器
  住宅設備・オール電化
  システムキッチン
  システムバスルーム
  洗面化粧台
  トイレ
建設会社様・工務店様
  サイト登録はこちら!
  会員用お問い合わせ
当サイトにつきまして
  プライバシーポリシー
  お問い合わせ
  家づくり質問コーナー
  欠陥問題会社報告
  当サイトへのリンク
  相互リンク1 リンク2 3

新築一戸建て住宅・リフォームをご検討の皆様に!一戸建て住宅の工法・構造の種類
- 一戸建て住宅の工法・構造の種類 -
木材在来工法(木材軸組工法)
日本古来からの伝統的な住宅工法であり、だからこそ日本の気候風土に適した木造住宅として今でも最も住宅に採用されている建築工法。文化財などに指定されている古民家などもこの木造在来工法です。 又、現在の新築一戸建て住宅の約7割がこの木造在来工法と最も人気の工法なのです。

木造在来工法
仕組み
土台、柱(縦の支え)、梁{はり}(横の支え)、筋交い(斜めの支え)等を構造の基本として造られます。

メリット
敷地の形態に応じて設計の自由度が高いため、大きな窓などの開口部が設置でき、
よって、間取りやデザイン等の制約が少なく個性的なプランの自由度がある。
比較的安価で予算に応じた施工が可能であり、増改築も他の工法に比べて容易である。
日本の気候風土に適し居住性が高い。
人の心と体に優しい木をふんだんに使うので温か味がある。

デメリット
匠の技が必要であり、大工さんの実力により出来が左右されるため、
技術力の高い大工さんを採用している信頼できる建設会社・工務店を撰ぶ必要がある。

耐震性
住宅・建築物に関する耐震性の基準は,昭和56年に改正されています。阪神・淡路大震災で倒壊した住宅・建築物の多くは昭和56年の改正基準以前のものであったのです。昭和56年の改正以降に建てられた住宅・建築物は阪神・淡路大震災の際にも一定の安全性が確認されています。
また、阪神・淡路大震災により、建築基準法はさらに強化されていますので、木造在来工法でも十分に安心できる基準に達しています。

木材金物工法
木造在来工法(木造軸組工法)をさらに耐震性にこだわった木造金物工法

木造在来工法(木造軸組工法)の柱と梁のジョイント部分に特別な金物で補強し、耐震性の構造の強度を高める工法です。
地震などに対して高い耐震性を確保しながら、自由な設計、大きな開口部などが実現でき、注文住宅に適した工法です。
木造在来工法に比べ、特別な金物等の材料費の分若干高くなりますが、
木造住宅にこだわりを持ち、かつ、耐震性にこだわるなら最適の工法になります。
耐震性に強い木造住宅として今後注目される工法です。

2×4工法(枠組壁工法)
アメリカ・カナダで開発された住宅工法で、アメリカ映画などを見ているとその特徴が見えます。(勾配の高い屋根、ウッドデッキ、窓飾りなど)
2×4工法(ツーバイフォー工法)を扱う建設会社・工務店が少ないためか、まだまだ日本での普及は在来工法には劣るものの、外観のデザイン性から若い世代には憧れの住宅かもしれません。

2x4工法(枠組壁工法)

仕組み
2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組み合せて床、壁、天井などの面を構造の基本として造られます。

メリット
アメリカン住宅の見た目のオシャレな外観の特長が、若者に人気。
構造部材が規格化されていてマニュアルに従って施工されるため、ばらつきが少なく施工業者による品質の差が出にくい点は安心。
耐火性・気密性・断熱性の高さに定評があり、冷暖房に使用するエネルギーを節約できるので大きな部屋を設けても省エネ性が高い。
人の心と体に優しい木をふんだんに使うので温か味がある。

デメリット
2×4工法を施工できる建設会社・工務店が限定されてしまいます。
在来工法等に比べ開口部が制限される場合があるため設計の自由度が低くなり、リフォームにも制限が出ます。

耐震性
阪神・淡路大震災では、家屋の全壊約10万棟、半壊を含めた一部損壊が約29万棟以上と想像をはるかに超える被害が発生しました。(平成7年4月24日の自治省消防庁発表)
しかし、2×4工法住宅のうち96.8%が特に補修をしなくても居住可能な状態であったことが報告されています。木造住宅でありながらも2×4工法は非常に耐震性に優れています。

※2×4工法(ツーバイフォー工法)より、耐震性・断熱性に優れた:2×6インチ(5×15cm)の断面の木材で作られた2×6工法(ツーバイシックス工法)もあります。

鉄骨軸組工法
木造住宅よりもより耐震性・耐風性に主眼を置いた住宅工法。鉄骨でも軽量鉄骨と重量鉄骨がありますが、プレハブの中で最もポピュラーなのは軽量鉄骨軸組工法です。

鉄骨軸組工法
仕組み
簡単に説明すると、木造在来工法(木造軸組工法)の柱・梁などの構造体を木ではなく鉄骨を使用する事で耐震性を高める工法です。

メリット
比較的に大きな窓などの開口部が設置でき、よって、間取りやデザイン等の制約が少ない。 構造自体が耐震性に強いため、贅沢な広い空間造りが可能。
部材品質のばらつきが少なく職人の技能に左右されにくいため、施工業者による品質の差が出にくい点は安心。

デメリット
十分な防錆(防サビ)措置があれば耐久性に優れるが、しっかりした防錆措置がとられていない場合、耐久性が落ちてしまう。
費用は木造住宅よりも高めになる。
木造在来工法のような柔軟な増改築は容易ではない。

耐震性
木造在来工法よりも鉄骨により耐震性を求めたものであるため、耐震性は木造在来住宅よりも良い。

※構造体の鋼材の厚さが6ミリ以上の重量鉄骨工法もあります。
RC工法(鉄筋コンクリート造)
比率的には住宅の工法のなかでの施工数はかなり少なく、一般的な住宅ではあまり見かけませんが、資金面に余裕があり鉄筋コンクリート住宅にこだわる方や、よくテレビなどで見る有名人の豪邸などに時々見うけられます。

RC工法(鉄筋コンクリート住宅)
仕組み
一般住宅では基礎のみで利用される鉄筋コンクリートを全体の構造部に使用する強度の高い工法です。

メリット
耐久性、耐火性、断熱性、強度共に優れ、構造体としても非常に優れています。
3階建て住宅の一階にビルトインガレージを造りたい時など、1階の構造部のみ鉄筋コンクリートとし2回以上を木造とするなどに利用される場合には、強度もあり便利となる。

デメリット
一戸建て住宅の全体の構造部分において鉄筋コンクリート造とすると、全体の重量がかなり重くなるため、地盤によって適切な基礎工事が必要となる。
よって高額になる事を踏まえておく必要あり。
敷地によっては、建築自体が出来ない場合もあり。

耐震性
かなり信頼性のある強い耐震性を持つ。

以上のほかにも、
ハウスメーカーが手がける:パネル工法ユニット工法
一部の建設会社・工務店が手がける:丸太軸組工法(ログハウス)などがあります。

   
一戸建て住宅の工法・構造の種類。
全国の安心建設会社検索・安心工務店検索
北海道 [ 北海道 ]
東北 [ 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 ]
関東 [ 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 ]
中部 [ 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 ]
近畿 [ 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 ]
中国 [ 鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 ]
四国 [ 徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 ]
九州 [ 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 ]
沖縄 [ 沖縄県 ]
全国の安心建設会社一覧・安心工務店一覧

最新情報発信室
情報発信ブログ
質疑応答しゃべり場
 

 

Copyright© 2008 建ナビネット All Rights Reserved.